>

お店を作るよ、内装工事

内装工事をしよう

より正確な見積りを出してもらうには業者に物件を一緒に見てもらうことです。
図面と口頭での説明だけでは、プロといえども正確な見積りを出すことはできません。坪数が同じでも間取りによっては想定の客席数が確保できなかったり予定より予算が跳ね上がってしまったりしないように、まずはそのかかる作業の正確な見積りを出してもらいます。
業者を選ぶときは、過去にどんな実績があるのか、ホームページで確認してみましょう。ですが、繁盛しているかどうかで実績の評価に繋げないように注意しましょう。
業者を選ぶとき知り合いに頼む、という方法もありますが、融通が利く分、クレームは入れにくいという弱点もあります。実際に施行している現場に見学させてもらいに行って仕事ぶりを確認してみるのも良いでしょう。

内装について決めていくこと

内装を決めるには、まず業者を選ぶところからでしたが、実際内装を手掛けるには飲食店の方向性が大切になります。顧客ターゲットを決め、合わせて店構えや店内の雰囲気は決定していきます。
また、お店側が重要視すべきことは、お客様にとって居心地の良い空間を作ることです。
飲食店では、もちろん出す料理が一番大切ですが、内装を作るということは、お店の顔の半分を作るということです。
内装費用の概算が分かったら、融資の手続きを行ないます。一般的に、内装工事費用は全額引き渡しまでに現金で支払うのが基本のようです。また融資が下りるタイミングと工事費用を支払う期日が合わなくなる場合もあるので、業者としっかり相談しておきましょう。



この記事をシェアする